潤え、都会女子。ドライカットでつくるオトナなヘア  by I Wanna Go Home CONCENT

最終更新日:2016/02/19
concentbeauty_eye

冬の寒さに悩まされる毎日、いかがお過ごしでしょうか。私、Concent編集部の加藤と申します。髪が伸びてきたな、そろそろ切りに行きたいな、というときに限って時間がなかったりするもので。いっそのこと自分で切れたらなんて思うけど、怖くてとてもそんな事はできないし……と、葛藤する今日このごろです。

 

c001

今回のモデルさんは、はなこさん。普段は代官山や渋谷で遊ぶシティー派な彼女が、これまでにない自分と出会うため降り立ったのは、レトロな町並みを残す「中野」です。
この町に、普通とは少し違った施術を行うサロンがあるとのこと。

 

c002

初めてのサロンを前に、すこし緊張気味のはなこさん

 

c003

こちらの『I Wanna Go Home CONCENT』が本日のサロン。我々ConcentBeauty編集部としては、ちょっと運命を感じてしまうお名前です。

 

c004

今日はよろしくお願いします!

 

緊張も吹き飛ぶ、満面の笑みで迎えていただきました。
それでは早速、カウンセリングしていただきます。
今回、施術を担当してくださるよしざわさんは、美容師の技術を競う大会で優勝された事もあるすごい方なんです。

 

c005

はなこさん「毛量が多いので軽くしてほしいです。でも仕事上、結べる長さは必要なので、短くなりすぎるのはちょっと困りますね。だけど、軽くなりすぎて子どもっぽい雰囲気になるのは嫌で……。とにかく、こなれ感のあるオトナ女子にしてください!」

 

はなこさん、いろいろとお悩みが出てきましたね。溢れだして止まりません。スッキリさせたいけど軽くしたくはない……そんなことは可能なのでしょうか?

 

よしざわさん「大丈夫ですよ。髪の毛を見てみると確かに量が多いですね。それと、全体的にクセが出やすい毛質のような……」

 

はなこさん「そうなんです。仕事の都合で、髪の毛を後ろで結ばなければいけないので縛りグセもついてしまっていて……。あと実は、昔セルフカットをしてガタガタになってしまったんです。それが気にならないようにしてほしいですね。あ、あと、ずっと黒髪で重いイメージがあるのでそれも気になってます」

c006

よしざわさん「色々お悩みのようですね(笑)。わかりました!それでしたら今日は、カットで全体的なバラつきをなくし、カラーで重たさを解消していきましょう。はなこさんにぴったりな、とっておきのカット方法があるので期待していてください」

はなこさん「本当ですか? よろしくお願いします!」

 

それでは、施術スタート!

こちらのサロンは“ドライカット”というカット方法の専門店。「ドライカットってなに?」となる方もいらっしゃるかと思いますので、ここで少し説明をいたします。

カットの前にまずはシャンプー台で髪の毛を濡ら…………

c007

……さずに、軽く湿らせてクセを取ります。

 
c008

次に髪を乾かします。おや? 乾かしちゃう?

そうなんです。ドライカットのドライは文字通り「乾いている」ということ!髪を濡らさずに “乾いた状態”のまま切るのが特徴で、一定方向にドライヤーをあてながらブローをした後は、段階に分けてカットしていきます。

よしざわさん「ドライカットの良いところは、毛のクセを見ながら丁寧に施術できるところなんです。お客様がどんなクセをお持ちなのか、どんな髪質なのかを見極めて、的確なアプローチができます。なので、比較的髪の長い女性に向いているカット法といえます」

なるほど。はなこさんのように、セルフカットによって長さにばらつきが出来てしまったり、髪の縛りグセがある方に、ピッタリのカット方法なんですね。

よしざわさん「ドライカットは『髪を濡らして、乾かして、とかして、切る』をひたすら繰り返します。切る範囲を小さく分けるため、普通のカットより時間がかかってしまいますし、技術的なこともあって、うちのような“専門店”はまだまだ少ないですね」

 
c009

よしざわさん「普通のカットに比べて技術と時間が必要になりますが、お客様にとってのメリットが大きいので、サロン全体でドライカットを推奨しています」

時間と手間はかかりますが、それは全てお客様のため。そのプロ根性とお客様を思う姿勢、素敵です。

 

c010

髪を真剣に見極めるよしざわさん

c011

ドライカットで長さを整えた後は、髪を染めていきます。
オトナ女子の持つこなれたニュアンスをつくるため、トップと後ろを7レベルのアッシュバイオレットにし、顔周りを3レベルのブラックに染めていきます。
明るさに差をつけることによって全体に立体感を出すことが狙いとのこと。どんな色になるのでしょうか?楽しみです。

よしざわさん「ドライカットのためにブロック分けをしているので、染めるときにもコントロールがしやすくなります。先ほど段階に分けた部分を一つ一つ丁寧に染めていきます」

 

c012

とにかく丁寧に色を重ねていきます

c013

よしざわさんは「時間がかかる」とおっしゃっていましたが、とにかく作業のスピードが早いのなんの。はなこさんと雑談しながらどんどんと塗布していきます。もちろん仕上がりは丁寧。

 

c014

c015

 

その華麗な手さばきを前に、はなこさんも見入ってしまいます

c016

カラーの工程が一段落し、ほっと一息。しばし待ちます

 

c017

c018

20分ほど放置し、色の入り具合を確認したら……

 

c019

本日初めてのシャンプー台へ

c020

シャワーは普通のお湯ではなく、温かい炭酸水を使用します。
市販の炭酸水では炭酸が強すぎるので、1200ppm前後の二酸化炭素を含む炭酸水を使用しているとのこと。ほどよく強めの水圧で頭皮の血流も良くなります。そうした頭皮ケアも行いながら、カラー剤をここでしっかり流しきります。

余分なものをしっかりと洗い流すことにより、その後のトリートメントが効率よく浸透していきます。

 

 

c021

トリートメントを終えたら、続いてブロー。ここでも、時間をかけて丁寧に仕上げていきます。

 

c022

ほら、炭酸シャンプーとトリートメントのおかげで髪の毛が潤い、こんなにもツヤツヤ! 乾燥しがちな毛先に、うっすらと光のリングが入っています。

 
c023

メイクも丁寧に仕上げます

c024

アイロンの前にロレッタのクルクルシューを毛先全体に

 
c025

毛先をワンカールして、

 

c026

仕上げはロレッタのカチカチシュー

c027

 

さぁ、ついに完成。ドライカットによって生まれ変わった、潤い感たっぷりのはなこさんをご覧あれ!

 

 

 

 

 

c028

c029

c030

c031

c032

c033

c034

c035

 

c036

こなれ感たっぷりの都会女子になりましたね。
毛量は軽くなったのに、大人っぽいシルエットはキープ。カラーによる立体感もしっかり出ています。

 
サロンに来たお客さんの髪質やクセを見極め、適切な施術を行う。これはプロにしかなせない技です。自分を美しく見せるためには、技術力を持ったスタイリストさんに相談することが一番の近道なのではないでしょうか。
セルフカットやセルフカラーで、ちょっと道に迷ってしまったあなた。プロの手で、新しい自分へ続く道を一歩を踏み出してみては?

 

c037

 

【Info】
I Wanna Go Home CONCENT
所在地 東京都中野区新井1-23-23
営業時間 月〜金曜日 10:00〜20:00(最終受付20:00)
土日祝祭日 10:00〜19:00(最終受付19:00)
定休日 毎週火曜日
TEL 03-5318-9400

 

お問い合わせ

■関連キーワード