悩める美容学生の特別課外授業 by AZURA用賀

最終更新日:2015/06/02
azura680

「将来は雑誌で活躍するヘアメイクになりたいんです」

DSC00661

今回、編集部に連絡をくれたのは都内の美容専門学校に通う愛理さん。なんとConcentBeauty史上最年少、18歳の依頼者です。

卒業後はヘアメイクになりたいそうですが、どうやら進路について悩んでいる様子。

愛理「ヘアメイクになりたい!と言っても、どこに就職するのか、就職活動ってどうすればいいのか、よくわからなくて不安なんです」

今日もConcentBeauty編集部が悩める子羊ちゃんを導きます

今日もConcentBeauty編集部が悩める子羊ちゃんを導きます

たしかに、就職活動も社会人になるのも、最初は誰でも未経験。不安になってしまう気持ち、分かりますよ。

そんな愛理さんが訪れたのは、東急田園都市線用賀駅から徒歩3分の「AZURA 用賀店」さん。

DSC00827

AZURAという店名は、「青空・空色・淡青色」などの意味をもつ「azure」という言葉が元になっているんだそう。

その名の通り、青と白の外観がとても爽やかで、用賀の大人な雰囲気にマッチしています。

こんにちは〜

こんにちは〜

今回、愛理さんのお悩みを解決してくれるスタイリストさんは、デザイナー兼ヘアメイクを担当している田中圭子さん。

ハニカミ笑顔が素敵な田中さん

ハニカミ笑顔が素敵な田中さん

なんでも田中さん、まだ25歳という年齢ながら、先日行われたshuuemuraのヘアメイクコンテストでグランプリに輝いたんだとか! グランプリって……日本一ってことですよね!? それはすごい!!

店頭に飾られているグランプリのトロフィー

店頭に飾られているグランプリのトロフィー

今回はなんと「ヘアメイクになりたい」という愛理さんを「ヘアメイクのコンテストで日本一」に輝いた田中さんが変身させてくれることに。

こんなチャンスは滅多にありません。今日は髪のお悩みだけじゃなく、ヘアメイクの先輩でもある田中さんに進路のこと、学校のこと、ぜんぶ相談しちゃいましょう!

施術という名の「特別課外授業」スタート!

まずは髪のカウンセリングから。

DSC00711

愛理「美容学生ということもあり、毎日髪を巻くんですけど、せっかく巻いてもすぐに取れてしまったり、トップがペタンとなってしまったり……セットがすぐに崩れてしまうのが悩みですね」

田中「愛理さん、とてもキレイな髪をされていますね。ただ、ツヤが出やすい反面、柔らかく細い毛はペタンとなってしまうのが特徴。今のままではせっかく髪を巻いても動きが出にくかったり、すぐに取れてしまったり少し扱いにくいと思います。表面を軽くすることで、巻き髪を生かせる髪型にしていきましょう」

「今まであまり髪の状態を気にしたことなかったです」と、愛理さん

「今まであまり髪の状態を気にしたことなかったです」と、愛理さん

田中「表面の毛をカットするだけで、動きの出方がだいぶ変わります。なので、毛先に関しては少し整える程度に切っていきましょう」

DSC00722

と、ここで愛理さんから田中さんに質問が……!

愛理「わたし、将来は雑誌で活躍するようなヘアメイクさんになりたくて。あくまでメイクアップをメインにやっていきたいんですけど……田中さんはどうして美容師としてヘアメイクをやっているんですか?」

田中「たしかに、ヘアメイクさんでもカットはできないという人の方が多いんですよね。でも、だからこそ、カットもできるヘアメイクさんになれたら強い、と思ったんです。それに、小さい頃から母親に切ってもらった髪型が気にくわないと、やり直してもらうまで何時間でも泣くほど、髪型へのこだわりが強かったんですよ。そういう理由もあって、美容師としてサロンに勤めながらヘアメイクをしています」

DSC00736

今回は、巻いたときのふわふわ感を大事にするため、髪の表面にレイヤーを入れて軽くし、動きがでやすい状態にしていきます。

愛理「ヘアメイクさんになりたいとは思っているんですけど、どういう風に就活すればいいかわからなくて……」

田中「わたしはこうしてヘアサロンに就職したけれど、同級生の中にはそのまま事務所に所属して雑誌などのヘアメイクをやっている子もいますよ。そういった子は、学生のうちから夏休みなどの長期休暇を使ってプロのヘアメイクさんの現場を手伝ったりしていましたね。つきっきりでやるうちに、気に入られてそのまま……という流れは多いですよね」

愛理「実は明後日、初めてヘアメイクの現場をお手伝いしに行くんです」

田中「わ! それはすごい! 最初のうちはモデルさんのケア、先輩の補助、荷物持ちなど、現場の雰囲気作りや周囲への気配りが重要な役割になると思います。たくさんの人が動いている現場だからこそ、誰よりも周りが見えていて臨機応変に対応する必要があるので、技術がどうこうというよりは、みんなと円滑にコミュニケーションがとれる、などの人間力の方が大事な場面が多いですよ!」

DSC00763

前髪は、横に向かって長くなるように切ることで、自然と横に流れるようにします。

田中さんがグランプリをとったときの様子

田中さんがグランプリをとったときの様子

愛理「ヘアメイクのコンテストでグランプリってすごいですよね。……グランプリをとるまでは大変でしたか?」

田中「やっぱり、先輩の現場についていって勉強したり、shuuemuraの勉強会に参加したり、たくさん学んだのは事実です。だけど私の場合は、優秀で人望のある素晴らしい先輩に恵まれたおかげでグランプリをとれたのだと思っています。教えてもらった通りにやっていたら……という感じなので、別にわたしがすごい訳じゃないんですよ(笑)」

自分の力じゃない……と、どこまでも謙遜する田中さん。
この謙虚な姿勢も田中さんがみんなに愛される理由の一つかもしれません。

実際にヘアメイクの現場で活躍する田中さんの話を真剣に聞く愛理さん。学校の授業では聞くことのできない意見、とても貴重ですね。

「大人っぽさ」をプラスするヘアカラーの魔法

続いては、カラーをしていきましょう。
ここからはアシスタントの小坂さんが担当してくれます。

DSC00771

小坂「今回は、巻き髪のふわふわ感を生かすスタイルということで、ハイライトを効果的に入れていきます。全体に青みがかった色を使うことで、外人さんのような柔らかい雰囲気に仕上げましょう」

顔まわりや、トップ、サイドを中心にハイライトを入れていきます。

細い毛束を取るときのスピードと美しさはまさにプロの技!

細い毛束を取るときのスピードと美しさはまさにプロの技!

小坂「根本、中間、毛先の明るさを変えることで立体感を出していきます。今回は、5色を4パターンに分けて塗っていきます」

DSC00813

とっても細かくカラーをしていく小坂さん。
髪型とお客様の頭の形をもとに、ヘアスタイルが一番良く見えるようカラーの入れ方やトーンを計算しているのだとか。

DSC00857

カラー剤を流したら一気に乾かしていきます。

DSC00881

田中「愛理さんのように髪が細い人は、髪同士が絡まないように注意しましょう。ぐしゃぐしゃっと乾かすというよりは、指を通しながら風を全体に当てていくようなイメージです」

DSC00889

田中「巻き髪などのスタイリングを長持ちさせるには、巻き始める前にアイロン用のヘアスプレーをしておくといいですよ!」

DSC00927

プロのヘアメイクをまさに“肌で感じる”

最後にメイクとスタイリングを行っていきます。

DSC00901

DSC00932

DSC01024-nex6

DSC00904

DSC01042-nex6

DSC01048-nex6

果たして愛理さんはどのように変身したのでしょうか?

それではご覧ください。

DSC00984

DSC01076

DSC01237

DSC01000

DSC01257

DSC01346

少女っぽい可愛らしさを感じさせつつも、大人の雰囲気をまとった魅力的な女性に!
時に無邪気に、時に色っぽく、18歳という年齢だからこそ、コロコロと変わる表情がとっても素敵!

beforeafter

田中「愛理さんは少し丸顔でらっしゃるので、トップにボリュームを持たせることでそれをカバーしました。また、どちかというと少し幼い印象が強かったので、巻き髪で大人っぽい洗練された雰囲気をプラスしています。春夏を意識したふわっと爽やかな愛され系大人可愛いスタイルです」

DSC00972

愛理「髪の悩みだけじゃなく、進路の悩みまで相談できて、とてもすっきりしました! 学校ではなかなか聞くことのできない貴重なお話が聞けてよかったです。明後日初めて行くヘアメイクアシスタントも、不安でいっぱいだったのですが、田中さんのおかげで少し安心して、やる気が出てきました。がんばってたくさんのことを吸収して来ようと思います!」

美容室は、髪の悩みを解消するだけの場所ではないんですよね。スタイリストさんがプロの目で髪やメイクのことを教えてくれるのはもちろんのこと、それ以外の悩みにだって全力で応えようとしてくれるんです。

みなさんも、髪の悩み、メイクの悩みはもちろんのこと「誰かに聞いてもらいたい」「誰かのアドバイスがほしい」そんな理由で美容室に行ってみるのもいいのではないでしょうか。

AZURA用賀店の田中さんは、きっと親身に笑顔でお話を聞いてくれるはずですよ!

DSC00823

【info】
AZURA 用賀
住所:東京都世田谷区用賀4-2-3
営業時間:平日・土/10:00〜19:00 日/09:00〜18:00
定休日:毎週火曜日/第3月曜日
電話番号:03-6447-9592

[ライター/木村衣里 カメラ/横山英雅 モデル/鈴木愛理]

お問い合わせ

■関連キーワード